ごあいさつ

院長 たかばち のりこ(高蜂 紀子)

わたしは、横浜市立大学を卒業して以後長年、横浜市内の病院で小児科医として勤めて参りました。小学生2人の子を持つ現役ママさん女医です。2014年6月にみつばちこども漢方クリニックを開院しました。

小児科医として、第一の使命は「こどもの命を守ること」だと考えています。重症なお子さんへの初期対応を的確に行うこと、重大な疾患を見逃さないことを常に心がけています。
次に大切にしていることは、「こどもの成長をおおらかに見守ること(邪魔しないこと)」。日常診療においても、必要がなければあまり薬は使わずに様子をみます。見守ることでこどもの特性が分かってきます。こどもが成長してゆく過程においては、様々な体調不良が起こりますが、注意深く見守って、何が必要なのかを考えています。

自分の子育てにおいても、おおらかに見守り、必要な時に介入しようと考えていますが、その塩梅は難しいですね。過保護になっていないか?放置しすぎではないか?自問自答の日々です、、。

診療の話に戻りますと、私は小児科専門医であると同時に漢方専門医でもありますが、子供の体調不良には漢方が役立つことも多々あります。
漢方薬は体質改善(胃腸が弱い、頭痛が起こりやすいなど)に使用する場合もありますし、一時的な症状緩和(精神的なストレスで不眠など)に使用する場合もあります。西洋薬では治せないような症状があるときに助かります。

当院のスローガン「はじめての小児科、はじめての漢方」
これは、「初めて子育てをするママさんたちや、初めて漢方診療を受ける子どもたちが安心して通えるクリニックしよう」という意味です。
これからも赤ちゃんと子どもとママに優しい小児科になるようにスタッフ一同頑張ります。

院長略歴

  • 横浜市立大学医学部卒業。
  • 横浜市立大学医学部付属病院にて研修後、済生会横浜市南部病院小児科、横浜市大付属市民総合医療センター母子医療センター新生児科、国立病院機構横浜医療センター小児科で小児科医新生児科医として勤務。
  • 長男出産後、横浜朱雀漢方医学センター、銀座玄和堂診療所等で漢方医学研修。
  • 沖縄徳州会湘南鎌倉総合病院小児科にて「こども漢方外来」を担当。
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
  • 日本東洋医学会認定 漢方専門医
  • 洋光台第二小学校 校医
  • 洋光台保育園 園医

スタッフ紹介

看護師まつざわ ゆきこ (松澤 ゆき子)

来院の際は、お子様の病気の事など、気になる事がありましたら何でもご相談ください。

受付・看護助手たけうち ともみ (竹内 知美)

みつばちこども漢方クリニックに来てよかった。また次もここに来よう。と思ってもらえるよう、頑張ります。

受付・看護助手ほそや ゆうこ (細谷 優子)

毎日笑顔で元気に患者様をお迎えしております。なんでも気軽にお声掛けください。

受付・看護助手こんどう あすか (近藤 あすか)

いつも明るく丁寧に対応し、患者さまに安心して診察を受けていただけるようにがんばりますので、よろしくお願いします。

受付・看護助手すぎやま まり (杉山 真利)

親切・丁寧を心掛け、気軽に来院できるクリニックになるよう頑張ります。よろしくお願いします。

みつばちこども漢方クリニック、
神奈川県横浜市磯子区洋光台3-13-4-110
TEL:045-836-3622

Copyright © みつばちこども漢方クリニック All Rights Reserved.